【2022年】ソロ用ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

ソロキャンパーにおすすめのワンタッチテントはどれ?今回、キャンプライクでは、ソロ用ワンタッチテントの特徴、おすすめのソロ用ワンタッチテント、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のソロ用ワンタッチテントをご紹介します。

テント/タープ

ソロ用ワンタッチテントの選び方

コールマン(Coleman) インスタントアップドーム/S 2000039089

ワンタッチで簡単に設営出来てしまうワンタッチテント。
一般的なテントは、テントにフレームを通す作業が必要です。
しかしワンタッチテントは、テントとフレームが初めから一体となっています。

傘を開くような要領で、フレームを開くだけで、簡単に設営できてしまいます。
ソロキャンプは当然、設営も一人で行いますから、簡単に立てられるワンタッチテントは、ソロキャンパーさんにおすすめのテントです。

選ぶポイント1:コンパクト性

ソロキャンプとなれば、設営だけではなく道具を運ぶことも、一人で行わなければなりません。
そうなると、より軽量である方が体の負担も少なく済みます。

またバイクでのツーリングキャンプや、バックパックキャンプを行う方は、荷物量に制限があります。
そのため、テント収納時のサイズがコンパクトなものがおすすめです。

選ぶポイント2:広さ

先ほどコンパクト性について述べましたが、軽量かつコンパクトだけを求めてしまうと、居住スペースが狭くなる事もあります。

キャンプ先での荷物を全てテントの中にしまいたいのであれば、2人分のスペースがあるテントを選ぶほうが良いでしょう。
寝室とは別に、前室があれば、急な雨などにも対応できます。

選ぶポイント3:快適性

インナーテントと、フライシートを組み合わせたテントをダブルウォール仕様と呼び、フライシートがないものをシングルウォールと呼びます。

二重構造(ダブルウォール)にする事で、インナーテントとフライシートの間に空間が作られます。
そうすることで、外気温がテント内で影響を受けにくく、暑さや寒さから守られます。
また、結露防止にもなるのです。

通気性も、快適に過ごすためには重要です。
テント内にメッシュ素材の窓や、ベンチレーターがあるかどうかの確認も必要となります。
UVカットなどの特殊効果があると、より快適に過ごせると思います。

選ぶポイント4:耐水性

山などのキャンプ場での天気は変わりやすいものです。
いくら簡単に立てられるとはいえ、雨による浸水の心配などしたくはありません。

普通の雨に耐えるために必要な耐水圧は1000㎜程度。
強い雨に耐えるために必要な必要な耐水圧は1500㎜必要です。
ですので、耐水圧が1500㎜以上あるテントを選ぶと安心できます。

【2022年最新版】ソロ用ワンタッチテントおすすめ人気6選

DOD(ディーオーディー) ライダーズワンタッチテント 【ツーリング仕様】 1-2人用 T2-275-TN

ここからは、2022年の新製品も含めた、ソロ用ワンタッチテントおすすめ人気6選を紹介していきたいと思います。

コールマン(Coleman)

【Colmeman】インスタントアップドームS

こちらは2022年の新作となります。
1人では充分な広さの寝室に加え、荷物などが置ける前室もあり雨よけにもなります。

またテントの色合いもとても素敵で、おしゃれキャンパーさんにおすすめしたいです。

DOD(ディーオーディー)

【DOD】ライダーズワンタッチテント

インナーテントは2人が寝れる程の広さがあり、前室部分にも靴や、少しの荷物を置くスペースがあります。
しかし、収納サイズは幅62㎝直径20㎝とコンパクトにまとまります。

テント入り口や、反対側の大きな窓もフルメッシュに変更でき、通気性もバッチリです。
さらにインナーテント内には、ランタンフックやスマホなどの小物を入れるポケットもついており、テント内でも快適に過ごせます。

コンパクトながら、ダブルウォール仕様で耐水性も非常に優れたテントです。

【QUICKCAMP】QC‐BEETLE1

収納サイズが幅52㎝直径17㎝重量3kgと、とても軽量かつコンパクトに収納できるテントです。
しかし、ダブルウォール仕様に加えて、強度に優れたアルミフレームも採用されており、安心して過ごす事ができます。

インナーテントの幅は1番広い箇所で95㎝と少し狭いですが、縦に205㎝とゆとりがあり、少しの荷物なら置けます。
コンパクト性を重視したい方には、ぴったりです。

FIELDOOR(フィールドア)

【FIELDOOR】ワンタッチテント100

こちらのテントの重量はなんと2.9kgと、とても軽量になっています。
別売りのポールを使えば、キャノピーにすることもできます。

テントにはUVカットコーティングが施されており、紫外線保護指数はUPF50+。
さらに生地にはシルバーコーティングもされており、遮熱効果もあります。

簡単に組み立てられることに加え、これらの特殊加工がされていれば、暑い夏のキャンプも快適に過ごせます。

DOD(ディーオーディー)

【DOD】ライダーズバイクインテント

キャノピーを立てれば、バイクを入れることもできるほどの、広い前室が作れます。
さらに、このキャノピーを立てるためのポール2本が、初めから付属されていることも嬉しいポイントです。

テント内に全ての荷物を入れることができますので、雨の日のキャンプも楽しめます。
2ルーム構造になっているため、外でもプライベート空間を作ることが出来ます。

【ケシュア】2SECONDS EASY

2021年に受賞されたケシュアの最新版ワンタッチテント。
これまでのワンタッチテントとは違い、両側から引っ張るだけで簡単に設営できてしまいます。
設営だけでなく、撤収も簡単にでき、防水、耐風性も備わっています

フライシートには、UVカットだけではなく遮光性も備わっています。
朝までぐっすり眠りたい方にもおすすめのテントです。
様々な面で優れているこちらのテントは、おすすめランキング1位です。

ソロ用ワンタッチテントについてまとめ

FIELDOOR ワンタッチテント100 フライシート付 【ダークブラウン】 & アルミテントポール 直径16mm(5本連結/150cm) 2本セット 【レッド】 & グランドシート [190×90cm] 【グレー】 ソロ キャンプテント 紐を引くだけの簡単設営 UVカット 耐水 シルバーコーティング ダブルウォール

いかがでしたでしょうか?

今回、キャンプライクでは、「【2022年】ソロ用ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ソロ用ワンタッチテントの選び方
  • 【2022年最新版】ソロ用ワンタッチテントおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、キャンプライクでは、キャンプに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、キャンプに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ソロ用ワンタッチテント
さらに探すならこちら!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】1人用ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンパーの方のための便利な1人用ワンタッチテントを揃えました。今回、キャンプライクでは、1人用ワンタッチテントの特...
【2022年】ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
アウトドアのさまざまなシーンで活躍するワンタッチテント。今知っておきたい情報はこちら!今回、キャンプライクでは、ワンタッ...
【2022年】ソロテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ひとりキャンプを楽しむ人におすすめしたいソロテントはこちら。今回、キャンプライクでは、ソロテントの特徴、おすすめのソロテ...
【2022年】ソロキャンプ向けのワンポールテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンパーで、ワンポールテントに興味のある方は必見。今回、キャンプライクでは、ソロキャンプ向けのワンポールテントの特...
【2022年】軽量ソロテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンプは一人で気軽に、周りに気兼ねなくできますが、荷物を一人で持たなければならず、少しでも軽くしたいものです。今回...
【2022年】ステンレス製のガーデンシンクおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ステンレス製のガーデンシンクを検討中の方必見。今回、ツルマガでは、ステンレス製のガーデンシンクの特徴、おすすめのステンレ...
【2022年】充電式草刈り機おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
草刈り機でエンジン式よりも充電式を探している方も多いのではないでしょうか。今回、ツルマガでは、充電式草刈り機の特徴、おす...

監修者:キャンプライク(CAMP LIKE)編集部

「CAMP LIKE」は、キャンプをもっと楽しく豊かにをテーマにした、キャンプの総合情報ポータルサイト。テントや寝袋/シュラフ、タープといったキャンプ用品の様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、キャンプの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

テント/タープ
CAMP LIKE