【2022年】前室のあるソロキャンプ用テントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

テントのなかでもソロキャンプに適して、しかも前室があるものをお探しでしょうか?今回、キャンプライクでは、前室のあるソロキャンプ用テントの特徴、おすすめの前室のあるソロキャンプ用テント、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の前室のあるソロキャンプ用テントをご紹介します。

キャンプ用品

前室のあるソロキャンプ用テントの選び方

Naturehike公式ショップ テント 1人用 ソロテント 軽量 コンパクト 前室付き キャンプ 自立式 耐水圧4000㎜ 2重層 登山 テント サイクリング ツーリング 自転車旅行 超軽量 キャンピング 3シーズン (松葉色(20Dナイロン))

2022年現在、アウトドアブームとなっており、テントやタープなど多くのアウトドアグッズが販売されています。
ソロキャンプも人気でソロキャンプ用として売り出されているテントがあります。

前室付きのソロキャンプ用テントであればキャンプ用品を濡らすことなく過ごせるので便利です。
前室付きのソロキャンプ用テントの選び方をご紹介します。

選ぶポイント1:雨や結露などの水分に強いか

アウトドアは気象の変化がつきものです。
急な雨に見舞われたり、気温の変化により結露ができたりします。

耐水圧が高ければ高いほど水が染み込むリスクが少なく快適にキャンプを楽しむことができます。
縫い目は特に弱い部分になるので、シームテープ加工が施されていると安心です。

選ぶポイント2:重さがどのくらいか

ソロテントは登山やツーリングなどで利用することが多いアウトドアグッズです。
テントの重さが重くては運搬が大変になります。

軽量かつコンパクトなサイズに収納できるソロキャンプ用テントを選ぶことが重要です。

【2022年最新版】前室のあるソロキャンプ用テントおすすめ人気6選

GOGlamping テント 1人用 2人用 ツーリングドーム 二重層 前室 【展望窓設計】防風防水 UVカット耐水圧3000mmフライシート付キャンプテント フィールドキャンプドーム ペグ+ロープ+キャリーバッグ付 キャノピー 通気性 アウトドア キャンプ用品 家庭用 登山 日本語取扱説明書付き(グリーン)

前室付きのソロキャンプ用テントはカインズやコーナン、コメリなどのホームセンター、アウトドア用品店、Amazon、楽天、メルカリ、ヤフオクなど多くの購入手段があります。

Amazonから2021年〜2022年に販売された最新作を中心に、ランキング上位の人気のおすすめ前室付きのソロキャンプ用テントをご紹介します。

Naturehike

【ネイチャーハイク】サイクリングバックパックテント

3色のカラーから選べる前室付きのソロキャンプ用テントです。
防風防水性の高いシリカゲル生地を採用しており、耐水圧は4000mmあります。

縫い目にはシームテープ加工がされているので水が染み込むリスクがありません。
インナーテントには高密度B3ナイロンガーゼを使用しているので虫が入ることがなく快適に過ごせます。

7001航空アルミ合金ポールを採用しているので軽く、持ち運びが容易です。
反射材入りのドアパックベルトとガイロープを使用しており、夜間でも明るく光り、目立ちます。

GOGlamping

【GOGlamping】ツーリングドーム

2色のカラーから選ぶことができる前室付きのソロキャンプ用テントです。
フロアシートに190Tポリエステルタフタを使用しており、3000mmの耐水圧をもっています。

重さは約3.6kgと軽量です。
ダブルウォールになっているので結露が生じにくいです。

別売りのキャノピーポールを使用することで、前室を開放的に作ることができます。
ベンチレーター採用でテント内の空気がフルクローズでも循環させられます。

テント内部にはランタンを吊るすことのできるフックや小物を収納することができるポケットがあり便利です。

ヴァストランド(VASTLAND)

【ヴァストランド】ドーム型ツーリングテント

2色のカラーから選べる前室付きのソロキャンプ用テントです。
本体の重さは4.2kgとなっています。

フライシートの耐水圧は2000mm、フロアシートの耐水圧は3000mmです。
インナーテントもついたダブルウォール構造で、インナーテントにはシームテープ加工がされているので、水が染み込む心配がありません。

インナーテントは120cm×210cm×100cmと広めに作られているのでストレスなく過ごせます。
前室空間も広く、最大2名まで利用できるテントです。

Azarxis

【Azarxis】ツーリングテント

豊富なカラーから選ぶことができる前室付きのソロキャンプ用テントです。
スカート付きなので冷気の侵入を許さず、冬でも快適に過ごすことができます。

大きなメッシュ付きの出入り口が2ヶ所あるので、出入りがしやすい上、通気性も良好です。
ベンチレーション完備でフルクローズでも空気の流れを作ることができます。

重量は2.6kgと非常に軽量です。
最大2名まで利用できるのでテント内が広々しています。

Husky(ハスキー)

【ハスキー】ファルコン

最大2名まで利用できる前室付きのソロキャンプ用テントです。
軽く通気性の高い210Tナイロンリップストップ生地を採用しており7000mmの高い耐水圧をもっています。

UVカット加工がされているのでテント内にいれば紫外線を気にせず過ごせます。
スノースカート付きでオールシーズン使用できるテントです。

機能性の高いテントなので、どのような悪天候でも対応できます。

unp

【UNP】キャンプテント

前室付きの安いソロキャンプ用テントです。
初心者や女性でも設営に時間がかかりません。

耐水圧は2000mm、縫い目にはシームテープ加工がされています。
風を受け流せる形をしているので、倒れるリスクが少ないです。

高強度なグラスファイバーポールを採用しているので軽量であり、丈夫です。
テント内部には収納ポケットやランタンフックがあります。

前室のあるソロキャンプ用テントについてまとめ

VASTLAND(ヴァストランド) ドーム型ツーリングテント ソロ オリーブ 1~2人用

いかがでしたでしょうか?

今回、キャンプライクでは、「【2022年】前室のあるソロキャンプ用テントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 前室のあるソロキャンプ用テントの選び方
  • 【2022年最新版】前室のあるソロキャンプ用テントおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、キャンプライクでは、キャンプに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、キャンプに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ソロキャンプ用ドームテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンプテントは様々なメーカーから販売されているので、迷う方も多いかと思います。今回、キャンプライクでは、ソロキャン...
【2022年】ソロキャンプ女子向けテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンプ女子の方で、テントをお探しの方は必見。今回、キャンプライクでは、ソロキャンプ女子向けテントの特徴、おすすめの...
【2022年】軽量の1人用テントおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
初心者さんから上級者さんまで必見!軽量の1人用テントは厳選集!今回、キャンプライクでは、軽量の1人用テントの特徴、メリッ...
【2022年】コンパクトなワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
アウトドアで大活躍!今年度大注目のコンパクトなワンタッチテントはこちら!今回、キャンプライクでは、コンパクトなワンタッチ...
【2022年】冬用ソロテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
寒い冬にはしっかりと対策できるようなテントを選ぶようにしましょう。今回、キャンプライクでは、冬用ソロテントの特徴、おすす...
【2023年】名器ドライバーおすすめ人気ランキング7選!選び方のコツもご紹介
ゴルフをするにあたって欠かせない存在であるドライバー。今回、ゴルフファイトでは、名器ドライバーの選び方や2023年最新の...
【2023年】高級パターおすすめランキング5選!普通のパターとの違いとは?
ゴルフのスコアを大きく左右するパター。今回、ゴルフファイトでは、高級パターの選び方や2023年最新のおすすめの商品・新製...

監修者:キャンプライク(CAMP LIKE)編集部

「CAMP LIKE」は、キャンプをもっと楽しく豊かにをテーマにした、キャンプの総合情報ポータルサイト。テントや寝袋/シュラフ、タープといったキャンプ用品の様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、キャンプの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

テント/タープ
CAMP LIKE