【2022年】ソロキャンプ向けのワンポールテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

ソロキャンパーで、ワンポールテントに興味のある方は必見。今回、キャンプライクでは、ソロキャンプ向けのワンポールテントの特徴、おすすめのソロキャンプ向けのワンポールテント、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のソロキャンプ向けのワンポールテントをご紹介します。

テント/タープ

ソロキャンプ向けのワンポールテントの選び方

GOGlamping テント ワンポールテント 1人用 アルミポール 軽量 ソロテント 【再生可能エコ材質】 GRS認証 前室付き キャンプテント メッシュインナー UVカット 耐水圧3000mm ベンチレーション機能 良い通気性 フルクローズ ツーリング アウトドア キャンプ用品 家庭用 登山 収納バッグ 日本語取扱説明書付き「240*220*150cm」 カーキ

2022年現在、アウトドアブームとなっており、アウトドアグッズが多く販売されています。

キャンプは人気があり、ソロキャンプで扱いやすいテントが出回っているのです。

ソロキャンプ向けのワンポールテントの選び方をご紹介します。

選ぶポイント1:重さがどのくらいか

ソロキャンプ用のワンポールテントは1人で設営するため、軽量であることが重要です。

ポールはアルミ合金が軽く、シートはポリエステル素材がおすすめです。

持ち運びがしやすいと、バックパッキングや登山などで使用できます。

選ぶポイント2:水の侵入を防げるか

キャンプは気温の変化による結露や雨風にさらされテント内部に水が侵入してしまう可能性があります。

水の侵入を防ぐ加工をされていたり、耐水圧が高いものを選び快適に過ごせるようにしましょう

【2022年最新版】ソロキャンプ向けのワンポールテントおすすめ人気6選

TOMOUNT ワンポールテント TC ポリコットンテント ソロ 300x300x210cm スカート付き ダブルファスナー 焚き火可 1人用 2人用 多機能 撥水 通気 遮光 簡単設営 キャンプ用 薪ストーブ使用可能 (アイボリー)

ソロキャンプ用のワンポールテントはアウトドア用品店やカインズなどのホームセンター、Amazon、楽天など多くの場所で販売されています。

Amazonで2021年〜2022年に販売された最新作を中心に、ランキング上位のおすすめソロキャンプで使えるワンポールテントをご紹介します。

GOGlamping

【GOGramping】ワンポールテント

インナーテントは230cm×90cm×135cm、フライシートは240cm×220cm×150cmのサイズのソロキャンプ用のワンポールテントです。

1人で設営しやすいように超軽量素材のポリエステル素材と軽量のアルミポールで設営するタイプです。

インナーテントはメッシュ素材で、さらにテント上部には2ヶ所のベンチレーターが採用されており通気性が良好となっています。

フライシートは耐水圧3000mmと強い耐水性です。

MC

【TOMOUNT】ワンポールテント

オールシーズン使用できる、300cm×300cm×210cmのサイズの広さをもったワンポールテントです。
耐久性の高いポリエステル素材と通気性の優れたコットン素材を組み合わせたTC素材を採用しています。

前室の形を自由自在に変えることができ、さまざまな使用方法があります。
難燃性があるため、そばでBBQを楽しんでいて火の粉が飛んでも燃え移る心配がないです。

スカート付きで下からの風の吹き込みや雨の侵入を防ぐことができます。

BUNDOK(バンドック)

【バンドック】ワンポールテント

Amazon限定カラーも含めて3色から選べるソロキャンプ用のワンポールテントです。

インナーテントは220cm×100cm×135cm、フライシートは240cm×240cm×135cmの大きさとなっています。
耐水圧が非常に優れており、インナーシートは5000mm、フライシートは3000mmで多少の雨では問題ない仕様です。

フレームはアルミ合金でできており、軽量のため1人で設営しやすくなっています

FIELDOOR(フィールドア)

【FIELDOOR】ワンポールテント

インナーテント220cm×110cm×140cm、フライシート240cm×240cm×150cmのソロキャンプ用のワンポールテントです。
20Dポリエステルを採用しているため、裂ける心配がありません。

ペグを打ち込み、ポールを立ち上げるだけで簡単に設営することが可能です。
フライシートのみを使用し、シェルターとしての使用もできます。

収納バックにコンパクトに収納し、重さも2kgで持ち運びしやすいです。

Gonex

【GONEX】ワンポールテント

フライシート300cm×300cm×160cm、インナーテント210cm×120cm×125cmの大きさをもつソロキャンプ用のワンポールテントです。
軽くて丈夫なアルミ合金のポールを採用しています。

サイドフラップを跳ね上げると、広い前室を作ることが可能です。
ベンチレータ2ヶ所付きで通気性良好となっています。

75D210Tポリエステルタフタ防水に加えて、耐水圧3000mmの防水強化加工がされています

イグニオ(IGNIO)

【イグニオ】ワンポールテント

フライシート、インナーシートともに68Dポリエステルが採用されているソロキャンプ用のワンポールテントです。
耐水圧は1200mmとなっています。

スチール製ポールですが総重量7.4kgと軽い設計です。
テントの縫い目には防水加工がされており安心できます。

紫外線にも強く安心してテント内で過ごすことが可能です。

ソロキャンプ向けのワンポールテントについてまとめ

BUNDOK(バンドック) ソロティピー1 BDK-75KA

いかがでしたでしょうか?

今回、キャンプライクでは、「【2022年】ソロキャンプ向けのワンポールテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ソロキャンプ向けのワンポールテントの選び方
  • 【2022年最新版】ソロキャンプ向けのワンポールテントおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、キャンプライクでは、キャンプに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、キャンプに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ソロキャンプ向けのワンポールテント
さらに探すならこちら!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ソロテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ひとりキャンプを楽しむ人におすすめしたいソロテントはこちら。今回、キャンプライクでは、ソロテントの特徴、おすすめのソロテ...
【2022年】軽量ソロテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンプは一人で気軽に、周りに気兼ねなくできますが、荷物を一人で持たなければならず、少しでも軽くしたいものです。今回...
【2022年】冬向けソロテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
一年中キャンプを楽しむソロキャンパーの方に冬向けのテントがあります。今回、キャンプライクでは、冬向けソロテントの特徴、お...
【2022年】ソロキャンプ女子向けテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンプ女子の方で、テントをお探しの方は必見。今回、キャンプライクでは、ソロキャンプ女子向けテントの特徴、おすすめの...
【2022年】ソロ用ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンパーにおすすめのワンタッチテントはどれ?今回、キャンプライクでは、ソロ用ワンタッチテントの特徴、おすすめのソロ...
【2022年】チェーンソーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
チェーンソーもいろいろあって迷いますよね?そんなチェーンソーをお探しの方は必見。今回、ツルマガでは、チェーンソーの特徴、...
【2022年】芝刈り機おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
庭の芝生の手入れや、雑草を刈るのに必要な芝刈り機を多数、各種揃えました。今回、ツルマガでは、芝刈り機の特徴、おすすめの芝...

監修者:キャンプライク(CAMP LIKE)編集部

「CAMP LIKE」は、キャンプをもっと楽しく豊かにをテーマにした、キャンプの総合情報ポータルサイト。テントや寝袋/シュラフ、タープといったキャンプ用品の様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、キャンプの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

テント/タープ
CAMP LIKE